全身脱毛シースリーの月額料金は安い?口コミや効果について

c3-201609全身脱毛専用サロンとして人気急上昇中のシースリー(C3)
全国に60店舗以上あり、今もなお店舗数は急速に広がっています。

シースリーは、全身53ヶ所の脱毛を月額7,500円で施術できます。他の脱毛サロンと比較しても非常に安い料金。

脱毛部位も、脇や肘膝・手足・背中などあらゆる箇所の脱毛ができます。ただし、顔とIOラインは、どちらかを選択する必要があります。

最大の特徴は、契約期間が無いので何度でも脱毛できること。つまり納得いくまで、脱毛し放題なのです。

またシースリーは、日本人女性に合った最新の超高速脱毛機器を使用。脱毛スピードが、従来の脱毛機と比べて約400%アップ。(シースリー調べ)

口コミでも効果を実感されたという女性が97.1%。
また、痛みも「感じない」「あまり感じない」という女性が半数以上もあげられます。

施術が早いから予約も取りやすいですし、店完全個室で高級ホテルのような店舗も女性にとって嬉しいですね。
安く早く全身脱毛するなら、シースリーがおすすめです。

 

全身53カ所の脱毛部位と効果について

シースリーは、全身53カ所(28部位)の脱毛ができます。
脇、肘・膝、背中、腰、顔、VIOライン等とムダ毛が生えるところは、大体脱毛部位に含まれます。

しかし、シースリーの全身脱毛プランには注意するべき点があります。
それは、顔かI.Oラインのどちらか選択しなければならないという点です。
顔もI.Oラインも含めたいなら5万円が追加されたプランとなります。

脱毛の効果も気になるところ。
シースリーで使用される脱毛機は、超高速GTRというもの。

全身最短45分で施術が完了する、スピーディーで脱毛効果抜群の優れもの。
従来の脱毛機よりも早さが400%アップしたという調査結果があります

また利用者の中で、脱毛効果を実感した方97%。
痛みを感じないという方が過半数を締めます。

シースリーの脱毛は、施術が早く効果が高いということ。
痛くない脱毛効果は非常に魅力的です。

 

全身脱毛の月額料金が安いシースリー

全身52箇所の脱毛が、月額7,500円という安い料金でできるシースリー。
他の脱毛サロンならば月額1万円代が多いところ、非常にリーズナブルな料金設定。

全身脱毛は、顔かIOラインのどちらかを選ぶ必要がありますが、月額7,500円は大きなメリットだといえます。

そして最大のメリットである契約期間が無いということ。
無期限だから、自分が納得できるまで何度でも脱毛し放題なのです。

また最大2か月間0円の無料キャンペーンを開催中。
シースリーは、特に学生の方や、フリーターの方には嬉しい低料金の脱毛サロンなのです。

 

美意識が高い女性に嬉しい

脱毛後には、ヒアルロン酸ジェルやキラメキクリームを使用し、お肌の保湿とトリートメントを行います。

脱毛処理だけでなく美肌&美白効果が期待できるのもシースリーが選ばれる理由のひとつ。

更に、店舗内装にもこだわっており、高級ホテルのような完全個室で施術を受けれます。
施術に使用すつタオルは、未開封の新品なので衛生面も安心。

きれいな個室で、脱毛処理と美肌効果で女子力アップ間違いなしです。
美意識高い女性が選ばれるのがシースリーです。

 

気になるシースリーの口コミ

東京在住 T.Eさん 21歳
やはり月額料金の安さでシースリーを選びました。
半年以上通っていますが、剛毛だったムダ毛もかなり細く薄くなりました。ほんとに嬉しかったです。
福岡県 C.Iさん
シースリーのスタッフは、皆さんとても丁寧な接客で安心感があります。
脱毛の専門学校を卒業された方ばかりだから、安心して任せられます。
千葉県 K.Kさん
顔かIOラインを選ぶ時は、悩みました。しかし顔のは人に見られることが多い、化粧ノリが違ったりするので、顔脱毛に決めました。
早く顔とIOラインのともに含めたプランになって欲しいです。

 

店舗数が多いシースリー

2016年現在、全国60店舗以上あるシースリー。
100店舗を目指しており、今も新店舗がオープンしております。

関東を中心に、北は北海道や青森、南は鹿児島や沖縄県まで幅広く全国展開しています。

店舗は、その都市の繁華街であったり駅から近い場所にあります。
店舗数も多いのですぐに通いやすい店舗がみつかるでしょう。

店舗地域
北海道,青森県,岩手県,宮城県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,石川県,新潟県,静岡県,愛知県,京都府,大阪府,兵庫県,岡山県,広島県,愛媛県,福岡県,大分県,佐賀県,長崎県,宮崎県,熊本県,鹿児島県,沖縄県

チェック おすすめの全身脱毛サロンを比較するならこちら⇒ 全身脱毛おすすめ脱毛サロン比較ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ