脱毛施術をしたらヤケドを負った時の対処法

医療機関や脱毛サロンでは、プロがひとりひとりの皮膚の状態に合わせて、慎重に施術を行っています。また、医療機関のレーザー施術よりも、脱毛サロンの光施術のほうがマシンの威力は抑えられているため、皮膚トラブルのリスクは低いです。

医療女性

しかし、絶対トラブルが起きないとはいいきれず、実際にヤケドを負ってしまった人も0ではありません。あまり考えたくありませんが、ヤケドを負ったり痕が残ったりした場合、どうしたら良いのでしょうか。
ほとんどの脱毛サロンは安心して施術を行えますが、もしもの時を考えて知っておくことも大切です。

ヤケドは、痕が残るおそれあり

脱毛中や脱毛直後は、体全体が熱く感じられるため、ヤケドをしていても気づかないことがあるのです。
施術後のクールダウンをしているとき、いつまでも熱さがひかない部分があって、やっとヤケドに気がつくということもあります。すぐスタッフさんに伝えて念入りに冷やしてもらいましょう。

ヤケドは早く冷やさなければ、痕が残ってしまいがち。とくに、中央部分が水ぶくれになっているほどのヤケドだと跡が残りやすいです。

施術が終わって着替えるときも、赤くなっている部分がないか体をよくチェックしてみて下さい。

慰謝料の請求は可能

もし、脱毛サロンに対して補償をしてもらいたいと思うのなら、皮膚科へ行って「診断書」を書いてもらいましょう。医師の診断書があれば、ヤケドを負ったと証明できるからです。

けれども、日にちが経ってしまうと、ヤケドと脱毛サロンとの因果関係を証明するのが困難になってしまいます。ですから、すぐに診断書をもらいに行って下さいね。

きちんとヤケドの処置をしたのに痕が残ってしまった場合、後遺症や精神的ダメージに対する慰謝料を検討してみましょう。

まずは、脱毛サロンの契約書に書いてある返金や補償、解約についてよく読んでみて下さい。もし、脱毛サロンに不誠実な対応をされた場合、慰謝料を請求することができます。過去には、施術費の全額返金+慰謝料が払われた裁判例もあります。

弁護士さんに相談・依頼

慰謝料を請求するには、法的知識が必要になるので弁護士さんに相談しましょう。どなたでも良いわけではなく、美容トラブルの解決実績や経験が多い人を選んで下さい。

でも、弁護士さんにお願いするとなると、費用が高額になるのではと心配になりますよね。費用を抑えたいのなら、弁護士名で内容証明を送ってもらいましょう。内容証明なら数万円の費用で済みます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ